2014年03月04日

恋人や好きな人にイライラし喧嘩したくなったら

どうも。



ゼロです。



たとえば、こんな話。



A子さんは、彼氏とケンカをしました。



その理由は、本当に些細なこと。



もっと私を分かって欲しい!



その気持ちが積もり積もって、イライラに変化してきてしまい、ついには爆発してしまったのです。



「なんで、もっと分かってくれないの!」



心のどこかでダメだとは分かりつつも、彼氏に対して怒鳴り散らしてしまいました。



結果、彼氏は不機嫌になり、A子ちゃんの話を余計に聞いてくれなくなってしまいました・・・



さて。



人は、強く意見を言えば言うほど、相手の心にも強く響くと勘違いしやすい生き物なのです。



私も自分が十代だったころは、恋人にかなりきつく怒鳴ってしまったことがあります。



でも、その時の恋人は私のことを怖がってしまっただけで、私の気持ちは全く通じていませんでした。



恋人や好きな人に、自分を分かってもらいたくて、怒ってしまう気持ち痛いほどわかります。



だけど、自分の本当の気持ちを相手に伝えたいのであれば、怒鳴ったり怒ったりは逆効果なのかもしれません。



人間、怒られれば反発したい気持ちが必ず生まれてしまいます。



では、怒らずにケンカせずに、どうすればいいのでしょうか?



私は、以下のことをおススメします。



怒るのではなく、彼と話し合ってみるのです。



「喧嘩するエネルギー」を、「話し合うエネルギー」に変換するだけで、恋人関係がガラッと変わってきますよ。



そもそも、怒るというのは相手にそれだけ何かを望んでいることの裏返しなのです。



全く何も望んでいない人は、怒りません。



ですので、あなたの怒りやイライラの気持ちを上手に使うためにも、ぜひ「話し合うこと」を心がけてみてはいかがでしょうか?



恋人や好きな人にイライラと喧嘩しない方法.jpg



せっかくのあなたの気持ちが、恋人に伝わらずに空回りしてしまっては勿体ないですよ。



あなたの気持ちが彼に伝わり、彼の気持ちがあなたに伝わり、お互いに分かり合ったうえで二人が仲良くできる道があるのですから。



以上。
posted by ゼロ at 21:41 | 彼氏と長続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年02月05日

彼氏が喜ぶ!男性受けする手料理とは?

どうも。


ゼロです。


今回は、彼氏が喜ぶであろう男性受けする手料理についてです。


彼のために料理を作るのなら、喜んでもらいたいですものね。


では、どんなものが喜ばれるのでしょうか?


肉じゃがでしょうか?


ハンバーグでしょうか?


それとも、かぼちゃの煮つけでしょうか?


これは、一括りに


「これだ!」


と、言えません。


人には食の好みがある上に、そのときそのときによって食べたいものが変わります。


ええ?


じゃあ、ゼロのいうこと聞いても男性に喜んでもらえないの?


そんなことはありません。


ちゃんと喜んでもらえますよ。


相手の好みを知ればいいのですから。


彼に直接聞いても良いですが、人は突然「食べたいもの」を聞かれても中々答えられないこともあります。


また、難しい献立を言われても作る側としては困りますよね。


ですので、私は彼を観察することをおすすめします。


観察と言うと難しく聞こえるかもしれませんが、とっても簡単なのです。


一緒に食事に行ったときに、彼が頼むメニューの傾向を見ておくだけで良いのですから。


彼がメニューを選ぶときに、さりげなく「好きな食べ物」や「苦手な食べ物」を聞いておくのも良いと思います。


また、運ばれてきた食べ物に、塩やしょうゆ、ソースなどを彼が追加でかけているのかを見ておけば、薄味が好きか濃い味付けが好きかが、容易に想像できますよね。


ただ、手料理を作ることが突然決まってしまって、彼を観察する時間が取れない場合もあるかもしれません。


そんなときは、以下のことを頭に入れておくと良いかもしれません。


一人暮らしをしている男性や、普段から不摂生をしている男性には、家庭的な食べ物が喜ばれる傾向があります。(一人暮らしで結婚願望が強い男性には、家庭的な料理が余計に好まれやすいです)


逆に、男性が家族と暮らしている場合には、ジャンクフード(子供が好きそうな物)が好まれる傾向があります。


ただし、そのどちらも「傾向」であることはお忘れなく。


さらに、どんな男性にでも言えることですが、「好きな食べ物があるのだけれど、普段はなかなか食べられない」というものがあれば、それを作ればとても喜ばれると思いますよ。


もっと突っ込んで言えば。


たとえば、彼が一人暮らしだとします。


で、普段簡単な料理なら自分で作ってしまう人だとしましょう。


こんな男性に、チャーハンを作ってもあまり喜ばれません。


なぜなら、チャーハンは自分で作れるから。


こういう一人暮らしの男性になら、家庭的で尚且つ自分では普段なかなか作れないような手間暇かけたものが、喜ばれるかもしれません。


もちろん、相手が違う場合、チャーハンが喜ばれることは大いにありますよ。


大事なのは、相手に合わせて作ること。


この人は、どんなものが好きなのかな?


と普段から観察し、考えておけば、いざ手料理を作ることになったときに焦らなくて良いかもしれませんね。


彼氏が喜ぶ!男性受けする手料理とは?.jpg


相手を知るためには、どんなときでも相手をよく見ること。


これが、思いやりの第一歩なのかもしれません^^


以上
posted by ゼロ at 07:37 | 恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月06日

職場や学校内の恋愛を長続きさせる方法

どうも。


ゼロです。


前回→人から好かれるコツと極意、前々回→社内恋愛・学校内恋愛の片思い中の秘訣 に引き続き、職場や学校内の恋愛についてお話ししましょう。


ただ、今回は片思い成就の段階ではなく、もう彼と付き合っている段階の話ですね。


恋愛が長続する方法です。


さて。


突然ですが、男性と女性という生き物は根本的に違うということは、あなたも薄々気が付いていると思います。


たとえば、あなたは何か悩みがあれば、その悩みをお友達とシェアすることってありませんか?


「ねえねえ、聞いてよ。この前こんな最悪のことがあってさ。」


と言った具合に。


男性という生き物は、あまりこういった悩みのシェアはしません。


友達に相談するときの多くは、意見が欲しいときや、その話にオチをつけ笑いに変えるといったときですね。


少なくとも、「目的なくコミュニケーションで話す」という行為はあまりしません。


まずは、ここをご理解ください。


話を戻しますね。


職場や学校内恋愛をしているということは、あなたと彼には共通の知り合いが多いということでもあります。


で、ですね。


必ずと言っていいのですが、付き合っていれば、彼は他の人の前で見せない姿を、あなたの前でだけ見せているはずなのです。


あなたに心を開けば開くほど、普段は見せない一面を見せることでしょう。


彼のそんな面を、あなたたちの共通の知り合いには言わない方が二人の関係は長続きすると思いますよ。


考えても見てください。


彼は、あなたに心を開いたからこそ普段見せられない面を、あなただけに見せているのです。


もしもそんな面を、知り合いにバラされていたとすれば、彼は良い気持ちになりますでしょうか?


さらに、上述にもありますように、男性の場合、「目的なくコミュニケーションで話す」ということをしない生き物なのです。


つまり、彼からすれば、理由がよく分からないまま、自分の秘密を他人にバラされているという風に感じ取れてしまうわけです。


これでは、せっかくあなたの前だけで開けた心も閉じてしまいかねないですね。


人は、一度閉じた心を2度目はなかなか開いてくれませんよ。


話をまとめますと、彼とあなたの共通の知り合いに、彼の普段見せない面をあまり話さない方が良いということです。


その方が、あなたは彼から信頼されやすくなります。


職場や学校内の恋愛を長続きさせる方法.jpg


今回は、職場や学校が同じという設定で話ましたが、共通の知り合いがいる状況であれば、理屈は同じです。


男女のコミュニケーションの感じ方の違い、ご理解いただけましたでしょうか?


この記事が、あなたの未来の笑顔につながることを祈っております。


では、以上。
posted by ゼロ at 16:11 | 彼氏と長続き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。