2015年03月05日

友達の恋愛や結婚を羨ましく思う必要はない

どうも。


ゼロです。


友達の恋愛や、結婚、子育てなどを羨ましく思ってしまうことって、あるかもしれません。


「恋愛がしたい」「結婚がしたい」「子育てがしたい」と思っているのにできない・・・それなのに、友達は自分が欲しい物を持っている。


こんな状況なら、羨ましく思えてしまうかもしれません。


ときに、妬ましくさえ思っていしまうことも・・・


友達の恋愛や結婚が羨ましい.jpg


そんなことを思う方の気持ちを、私は理解はできますが、共感はできません。


というのも、幸せというのは現段階で確定するわけではないからです。


たとえば、100歳の女性がいて、その女性が「私の人生は最高に幸せだった。」ということであれば、羨ましく思っても良いかもしれません。


でも、途中経過で未来が全く見えない人を羨むのは間違っています。


「未来」というのは、「過去」と「現在」が作り出します。


ですので、過去や現在に間違った行動をとり続ければ、高い確率で未来は幸せから遠ざかってしまうのです。


どんな適当な人生を歩んでも、途中経過だけ見れば楽しく過ごせることはあるのです。


幸せというものは目にも見えませんし、数字で表すことも難しいので、分かりやすくお金の話をしましょう。


将来的にお金に困る人と困らない人、違いはなんだか分かりますか?


肩書きでしょうか?


貯金額でしょうか?


一流企業に勤めているか否かでしょうか?


いいえ、すべてあまり関係ありません。


その人自身が、「お金に関する正しい価値観を持っているか?」というところなのです。


お金に関する正しい価値観を持っていない人は、どんな肩書きであろうと、貯金が多かろうと、一流企業に勤めていようと、お金に困る人生を歩みます。


というのも、世界中の大富豪たちを見てみると、面白いくらいにお金に関する価値観が似ているのです。


逆に、お金に困っている人の話を聞くと、皆面白いように価値観が似ています。


宝くじに当たった人のその後の人生を追ってみると、数年後にはお金はすべて無くなり元の生活に戻ってしまっていた、というのはよく聞く話です。


ラッキーで大金を手に入れても、価値観が備わっていないとすぐにまた失ってしまうためです。


これは、分かりやすくお金で話を勧めましたが、「幸せ」や「恋愛」、「結婚」でも同じことが言えます。


最終的に、幸せに人生を終える人の、「幸せ」「恋愛」「結婚」の価値観は、面白いくらいに似ています。


もちろん、本当は不幸だったのに、過去を美化したり、自分自身に「本当は幸せだったのだ」と言い聞かせている人などは別ですよ。


ラッキーが重なり、一時的な幸福感を得ることができても、正しい価値観を身に着けていなければ、将来的にはその幸福は続きません。


すべてのことは、原因と結果で決まるためです。


正しい価値観をもてば、行動が変わります。


正しい行動の積み重ねは、将来に幸せを確実に作っていくのです。


もちろん、どんなに正しい価値観を持っていても、短期的に見れば波風は立つこともあるでしょうし、嫌なことが起こることもあるでしょう。


ですが、長期的に見ると、確実に良い結果を生み出していきます。


お手軽に手に入れた、かりそめの幸せは簡単に壊れてしまうのと一緒で、長年積み重ねて作った幸せはそう簡単には壊れません。


ぜひあなたは、壊れない幸せを手に入れてください。


ですので、現在の状況だけを比べて他人を羨む必要などどこにもないのです。


まとめます。


・幸せそうに見える友達も未来の幸せが約束されたわけではないため、羨ましく思う必要はない

・最終的に幸せに人生を終える人の価値観はそっくりである

・正しい価値観をもてば行動が変わり、ゆくゆくは人生そのものが変わっていく



以上
posted by ゼロ at 21:36 | 婚活結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする