2015年05月08日

自分だけが不幸に思えてしまう世の仕組み

どうも。


ゼロです。


ダイエット番組や通販、ネット広告などで、「1カ月でこんなに痩せました!」みたいな映像がよく流れていますね。


「そうか、この商品を使うと(この方法で頑張ると)こんなに痩せるのか!」


と思い、自分でも1か月頑張ってみる。


でも、思っていたよりも全然痩せないし、なにより見た目はダイエット前とほとんど変わらない・・・なんでだろう?


ちゃんと努力したのに、報われないなんて・・・


そして、自分だけが成功しなかったような気分になり、不幸に感じてしまう。


上記のような経験、おそらく誰もが一度はあるのではないでしょうか?


でも、安心してください。


世の中の情報には、多くの嘘が混じっています。


たとえば、ダイエット系商品の話をすれば、モニターが男性の場合beforeとafterの写真で筋肉の肥大を見てみると嘘がよくわかります。


そのダイエット期間にもよるのですが、仮に1〜2ヶ月のダイエット期間であるのなら、どんなにハードトレーニングをしても筋肉は大きくなりません。


ですので、beforeとafterの写真を見比べてみて、男性の筋肉が発達していたら、まず間違いなくその写真はやらせと考えて良いと思います。(アナボリックステロイドでも使用していれば別ですが)


運動と食事制限を頑張れば、脂肪はわりと短期間でも落とせるのですが、目に見えて分かるくらいに筋肉を発達させるには1〜2ヶ月では絶対に無理なのです。(腹筋が割れるのは、筋肉の発達ではなく脂肪が減ったからです)


と、なぜこんな話をしたのかと言えば、人間は「できないこと」を「できる」と思ってしまうと不幸を感じてしまいやすいのです。


今までの流れでいえば、たった1ヶ月でダイエットできると思っていたのに、頑張っても思ったような成果が出ないと、「なぜ、自分だけこんなに苦労してるのに報われないのだろう。苦しまなければならいのだろう?」と思えてしまうわけです。


伝わりますでしょうか?


これはダイエットに限った話ではありません。


恋愛においてもそうです。


・異性から愛されることは簡単だ

・結婚することは簡単にできる

・幸せな家庭は簡単に築ける


もしも、これらのような価値観を持っている方がいましたら、おそらく「なぜ自分だけが手に入らないのだろう?」と苦しんでいるかもしれません。


苦しまなくて大丈夫です。


これらは簡単に手に入りません。


仮にこられを簡単に手にした人がいましたら、たまたまタイミングが良く複数のラッキーが重なったことに本人が気が付いていない可能性が考えられます。


また、一時的に手にしただけであって、それらが安定的なものでない可能性もあります。


今回私がお伝えしたいのは、2つ。


・苦しむ必要がないところで、苦しんでしまうのはもったいない

・情報は正しい物を手に入れるべきである



ということです。


自分だけが不幸に思えてしまう世の仕組み.jpg


若い時間は、男性よりも女性の方が絶対に貴重だと思います。


苦しまなくて良いところで苦しむのはもったいないです。


そして、正しい情報がないばっかりに人生を台無しにしてしまうのは、もっともったいないと思います。


ぜひ、参考にしてみてください。


以上
タグ:不幸 仕組み
posted by ゼロ at 22:06 | 幸せとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。