2015年01月20日

グローバル化していく世の中で未来の幸せを手に入れるには

どうも。


ゼロです。


突然ですが、世の中はとてつもないスピードでグローバル化が進んでいます。


国境を越えて使えるお金「ビットコイン」の出現は、必然なのでしょう。


2020年のオリンピックに向けて、日本には多くの外国人の方が訪問してくれるでしょうし、今後世界と日本の境界線がどんどんなくなっていくように思います。


また、高機能の自動翻訳機も加速度的に開発され、母国語だけ話せれば世界中の方々と会話できる世の中になるのも時間の問題だと思います。


グローバル化のメリットはたくさんあります。


でも一方で、デメリットもあるわけです。


挙げればきりがないですが、海外の犯罪が日本に流れ込んできてしまうというマイナス面は見逃せないように思います。


日本人は温和で人の良い方が多く、それが日本の良いところでもあります。


ただ、平和ボケしてしまっていては、これから海外の犯罪者にどんどんカモにされてしまうのではないかな、と危惧しております。


未来の幸せ.jpg


現在というのは、過去の自分の積み重ねです。


未来というのは、過去と現在の自分の積み重ねなのです。


すべては、「原因と結果」で成り立っているのです。


つまり、過去に悪い原因を作ってしまうと、未来の自分が苦しむことになってしまうのです。


私が何が言いたいかと言いますと、これからのグローバル化した世の中には、自己防衛能力というものが必須になるということです。


とくに、多く日本人女性は断る力が弱すぎるように思います。(すべての人とは言いません)


日本人は空気を読む国民性で、はっきりと断らないということが美徳とされていた面が長年の歴史としてあったのでしょう。


でも、嫌なことをはっきりと断れないというのは、とても危険なことだと知ってください。


一般的に「いい人」と呼ばれている人は、多くの場合ただの「断れない人」です。


そういった悪い意味での「いい人」になってはいけません。


「ん?ゼロの言っていることって、恋愛に関係するのか?」


ええ、大いに関係します。


本日二度目になりますが、過去の積み重ねが、未来になるのです。


つまり、過去に大きな失敗をしてしまうと、未来の自分が苦しむのですよ。


少し抽象的に書いていますが、私のブログ読者さんなら私の言いたいことが分かってくれるのではないでしょうか。


小さな失敗は、未来への教訓にできます。


でも、大きな失敗は心に大きな傷を作ってしまうことも多く、教訓を得るためだけの過去としてはあまりに重すぎてしまうことがあるのです。


極論を言えば、過去のその出来事のせいで、人格そのものが変わってしまうこともあります。


人格の変化は、未来の悪い意味での変化に繋がってしまうことでしょう。


まとめます。


  • この先グローバル化は益々進み、世界中の犯罪が日本にも流れ込んでくる可能性が大

  • 「原因と結果」から考えて、過去に悪い原因を作ってしまうと未来の自分が不利になる

  • 断れない人がいい人でないということを知り、断れる人になる



以上です
posted by ゼロ at 17:56 | 幸せとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。