2014年11月27日

愛されたい願望が強すぎると誰からも本気で相手にされなくなる

どうも。


ゼロです。


「愛されたい願望」であったり、「かまってほしい願望」があまりに強い女性は、最終的には誰からも本気で相手にされなくなります。


愛されたい願望や構ってほしい願望というのは、おそらくすべての女性が多少は持っている気持ちでしょう。


この気持ちがいけないのではありません。


あまりに強すぎることが問題になりかねないのです。


というのも、「愛されたい願望」があまりに強いとどうなりますか?


たとえば・・・


A子ちゃんは好きな人ができました。

その好きな男性から想われたくて頑張った結果、その男性と付き合うことになりました。

付き合っていれば、常にラブラブ状態が続くわけはありません。

ときに男性の仕事が忙しいときなどは、そっけない対応をされることもあることでしょう。

そんなときに、「あ、もうこの人(男性)は、私を好きじゃないんだ。嫌われてしまったんだ。」そんな風に思ってしまい、他の男性からの誘いに乗ってしまう・・・



こんなことを繰り返して、本当の愛情が得られるのでしょうか?


まず間違いなく・・・この女性が、男性から愛されるとは思えません。


100年かかってもあり得ないでしょう。


あっちにフラフラ、こっちにフラフラの状態で得られるほど、愛情というのは軽いものではないのです。


もちろん、その女性のルックスが綺麗で、ある程度の隙のある女性であるのなら、多くの男性たちからのチヤホヤはたくさんもらえることでしょう。


告白だってされることもあると思いますし、上手くいけばその女性に恋に落ちる男性が現れるでしょうね。


一時的に夢中になるようなそぶりを見せてくれるかもしれません。


でも、そういった恋愛ごっこのようなことって、本当の愛情とは関係ありません。


あなたが、本気で異性から愛されたいと願うのなら、だれか一人の男性と心から向き合わなくてはなりません。


自分のすべてをかけて向き合うくらいの気持ちが必要なのです。


そのために、真っ先に必要なことは何かわかりますか?


まず必要なことは、あなたが思いやりを持つことです。


思いやりというのは、使い古された言葉ですが、恋愛において最も大切な要素なのですよ。(詳しくはこちらの記事をどうぞ→彼氏と長続きさせる方法2)


思いやりを持った次に必要なことは何かわかりますか?


男性選びです。


イケメンを選ぶな、なんてことは言いません。


ですが、顔なんかよりもはるかに大切なことは、相手男性にも思いやりがあるかどうかなのですよ。


「思いやり > ルックス」優先順位を間違えてはならないのです。


相手選びを間違えてしまうと、あなたがどんなに相手に愛情を注いでも、その愛情は空回りされ利用されてしまうこともあります。


初期段階で間違いがあると、後々の修正が不可能なこともあります。


ぜひ、相手選びは慎重に。


そして、自分と相手に思いやり備わった次は、その人と末永く向き合うことです。


付き合いが長ければ喧嘩だってあるでしょうし、倦怠期だってあることでしょう。


それでも相手と向き合うのです。


何かあるたびに、他に目を向けてフラフラしていたら、二人の関係はもうそこで終わりです。


恋愛を自分の都合のいいようにだけ考えていると、いつか痛い目にあいます。


ぜひ、徹底的に好きな人と向き合ってみてください。


・自分自身が思いやりを持つこと

・男性選びを慎重にすること

・耐えられる範囲で何があってもその人と向き合い続けること



この3つは、あなたが愛されるうえで必須条件となります。


愛されたい.jpg


ぜひ、心の一ページに刻み付けてはいかがでしょうか?


以上
posted by ゼロ at 20:13 | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする