2014年05月24日

脳は異性の魅力を合理的に判断しない:環境が心に及ぼす影響とは

どうも。


ゼロです。


本来、恋愛の相性の良い男女がいたとしましょう。


二人は、とても相性が良いのですが、最初のデートをしてから


「あ、この人はもうないな・・・」


と、お互いに思ってしまったのです。


重ねて言います。


二人とも、本来はとても相性の良い二人なのです。


なぜ、お互いに「ないな」と思ってしまったのでしょうか?


答えから先に言うと、二人がデートした場所は映画館でした。


その映画館は、空調が壊れていたため空気が良くありませんでした。


さらに、ソファーも硬かったため長時間座ると、お尻が痛くなってしまったのです。


空気が悪く、ソファーの座り心地が悪い・・・それだけで、目の前の異性が魅力的に感じなくなるなんてことはあるのでしょうか?


実は、あるのです。


人間の脳というのは、異性の魅力を合理的にだけでは判断しません。


本人の自覚のないところで、様々な影響を受けながら異性を判断しているのです。


たとえば、私は夏の暑さが得意ではありません。


ですので、暑い日に女性と出会っても、あまりその人を魅力的には感じません。


これは、私自身自覚しているので、なるべくデートは涼しい日や涼しい場所を選んでします。


これは、私だけでなくどんな人にでも当てはまることなのですよ。


簡単に言えば「本人があまり好ましくないと感じる環境では、目の前にいる人の魅力が半減してしまう」ということです。


ちなみに、この法則を逆手にとった男性の口説きの鉄板方法こそが、


「ロマンティックな場所に女性を連れて行き口説く」


というものですね。


自分の魅力ではなく、環境の魅力で口説くという方法です。


まあ、本当に魅力的な男性なら、場所に依存することなく、ガード下の大衆居酒屋でも牛丼屋でも女性を口説けるのですけどね。


さて。


話が逸れてしまいましたが、あなたの好きな男性の苦手な環境を事前に知っていたら、その場所や避けた方が良いかもしれません。


あなたがせっかく魅力的なのに、彼から見てその魅力が半減してしまったら、とても勿体ないですよ。


結論としましては。


恋人や好きな人の苦手な状況や環境は、把握しておいた方が良い。


そういった環境を避けてデートした方が、あなたの魅力が半減しない。


そして、二人にとって居心地の良い空間を見つければ、あなたが有利になりやすい。


脳は異性の魅力を合理的に判断しない:環境が心に及ぼす影響とは.jpg


以上です
posted by ゼロ at 21:39 | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。