2013年09月15日

彼氏の性格が変わってしまったのは、なぜ?その理由は?

どうも。



ゼロです。



今回は、恋愛の心理や男心、または自分自身をより深く知る上で大切になってくるであろうお話をしますね。




彼氏の性格が変わってしまったのは、なぜ?その理由は?」というテーマで記事を書いていこうと思います。



よく聞きますよね。



あの人は変わってしまった・・・



っていうこと。



「前は、あんなに優しかったのに・・・」



「昔は、誠実な人だったのに・・・」



「以前は、こんなに怒りっぽくなかったはずなのに・・・」



でも、ちょっと待ってください。



人の性格って、実は二十歳を過ぎるとほとんど変わらないことが、心理学で分かっているのです。



もちろん、30年とか40年と長い年月が経過すれば、少しずつ人の内面は丸くなっていきます。(脳内神経伝達物質の量が低下しますからね)



でも、たかだか数年くらいじゃ、ほとんどの場合性格そのものは変化しません。



気分によって、感情は簡単に変わりますけどね^^(感情の浮き沈みはあなたもたくさん経験ありますよね?)



また、強烈な人生経験や大きな環境の変化があれば、多少内面も変わることはありますが。



話を難しくしないために、これだけは覚えておいてください。



「人の性格は二十歳を過ぎたら、ほぼ変わらない」



ということを。



では、なぜ「恋人が変わってしまった」と感じる女性がいるのでしょうか?



そこには、どんな理由があるのでしょうか?



原因は大きく分けると二つです。



一つ。



<あなた自身が、彼の見方を変えた>



というのは、人間とは恋愛中に脳内のホルモン(モノアミン系の脳内神経伝達物質。代表的なものがフェニルエチルアミン)が大量分泌されます。



そのホルモンが出ている間は、相手の嫌なところが見えなくなってしまうのです。



でも、悲しいかな、その恋愛ホルモンはすぐに枯渇してしまいます。



すると、だんだん相手を冷静に見ることができてしまうわけです。



そうなると、本来の彼の姿をそのまま見ることになり、



「あれ?彼、前はこんなんじゃなかったのにな・・・?」



と、疑問を持つようになってしまうわけです。



これが一つ目。



続いて、



二つ。



<彼自身が、あなたの前で本性を出すようになった>



男女とは、狐と狸の化かし合いであるとは、昔の人はよく言ったものです。



人は、異性の前に行くとどうしても良い格好をしようと、ときに詐欺的なくらい本性を隠し猫被りするわけです。



でも、その状態が続くわけありません。



だって、それはまやかしであり、偽りの姿なのですから。



で、だんだんと本性を見せ始める恋人。



するとそれを見た彼女が、



「ああ、彼は変わってしまった・・・」



と感じてしまうわけです。



パーソナリティーと気質



いかがでしょうか?



「彼氏の性格が変わってしまった」と勘違いしてしまうメカニズム、ご理解いただけましたでしょうか?



相手の心の中は、なかなか分からないものです。



後から「ああ、なんで?」と悩まないためにも、パートナー選び(恋人選び)にこそ時間をかけて慎重にならなければなりませんね。



ということで、以上です。
タグ:恋人 性格 変化
posted by ゼロ at 12:21 | 男心本音 心理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。