2013年06月29日

恋愛のメールテクニック 例

どうも。



ゼロです。



私は、メールを含め恋愛テクニック全般をおすすめしません。



なぜなら、テクニックなんてその場しのぎのメッキでしかないのです。



確かにその場では、多少効果の出るものもあります。



でも、その効果は継続しないのです。



あなたには、メッキではなく本物になってもらいたいと願っています。



なのに、今回は「恋愛のメールテクニック 例」というタイトルです^^



早速この例を読んでみてください。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜



あなたのことをゴキ○リのように、想っています。



あなたを思うと、胃酸が逆流してきて、胸焼けするくらい好きなんです。



これから、あなたのことを考えながら、カエルの解剖をしようと思います。



では。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜



どうですか?



気分が悪くなりませんか?



相手から、好きと言われているのに、気分が悪くなってしまうのは、イメージの悪い言葉をたくさん使っているからです。



人は、無意識(潜在意識)で言葉を判断していることろがあります。



ですので、相手から見てイメージの悪い言葉を避けるだけで、メール文章が見違えてきます。



でも、あなたは、



「私は、あんな気持ち悪い文章は作らないよ」



と、思われましたかもしれません。



上記は例文は、大げさに書いていますので、あんなメールは作らないでしょうね。



では、たとえば



「www」



なんて使っていませんか?



wは、もともと2ちゃん用語です。



2ちゃんでは、人を中傷するときにも使われることも多いのですね。



私は個人的に「www」は、イメージの良くない言葉です。



私以外にも「w」に対してあまり良いイメージを持っていない方もいらっしゃると思いますよ。



基本的に、2ちゃんなどのインターネットスラングは、あまり使わないほうが良いでしょう。



2ちゃんは、人を中傷していることも多く、そんな場所で使われている言葉はあまり良いイメージにつながりませんから。



大切なことは、あなたにとってイメージが良いか悪いかではなく、受け手である相手にとってイメージが良いか悪いかなのです。



ほら、もう恋愛テクニックという枠を超えてきているでしょう?



メールに限らず、究極を言えば、恋愛テクニックってあまり必要ありません。



いかに、相手のことを相手目線で考えられるかなのです。



これだけのことで、相手からのあなたに対するイメージが格段に変わってくるかもしれませんよ。



恋愛のメールテクニック 例.jpg



ということで、「恋愛のメールテクニック 例」は以上です。
posted by ゼロ at 20:05 | 恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。