2013年06月07日

恋愛心理学「あなたの潜在意識を埋め尽くす先入観」

どうも。


ゼロです。


本日は、恋愛心理学あなたの潜在意識を埋め尽くす大きな先入観というサブタイトル付きでお話してみましょう。


さて、恋愛心理学とは言っても、大学の授業のようなことは言いません。


まあ、大学の授業みたいなことを読者さんが望めばやりますけど、多くの方は望まないでしょうから(笑)


もっと、簡単で分かりやすい話をします。


さて、突然ですが。


私は、重度の健康オタクで、サプリメントに費やすお金は、月々すごいことになります。



ただ、闇雲には飲みません。


あの芸能人がおすすめしているからとか、CMで話題だからとかそういう理由ではサプリを買いません。



膨大な数の論文を読み漁って、エビデンス(科学的根拠)に基づいた物だけを飲んでいます。



で、その結果、最近は海外からサプリを取り寄せることが多いのですが、海外から届くダンボールってびっくりするくらいショボイです(笑)



「けっこう高い買い物しているはずなのに、なぜこんなにショボイダンボールで送ってきたんだ?」



と思うくらい^^



買っているのは、アメリカの製品ですよ。



アメリカはダンボールに力を入れない国なのでしょうね。



では、これはアメリカのダンボールがしょぼいのか?



それとも、日本のダンボールが立派過ぎるのか?



あなたは、どちらだと思いますか?



おそらく、後者でしょうね。



世界基準で考えれば、アメリカのダンボールが主流でしょう。



日本のように、立派なダンボールの方が圧倒的に珍しい。



いわば、アメリカのダンボールは普通であって、日本が豪華すぎるのです。



それなのに、私は、アメリカのダンボールをショボイと感じてしまった。



なぜか?



それは、日本で生まれ育ってしまったからです。



さて、私がなぜ、こんなにダンボールの話をしたのかといえば、これは恋愛でも同じようなことが言えるからです。



たとえば、あなたのお父さんはどんな方ですか?



人が、生まれてから最初に目にする家庭って、自分の両親が作った家庭なのです。


両親の恋愛があり、その上であなたが誕生し、そして家庭が作られる。



で、あなたはそのご家庭の中で育ってきたわけです。



すると、あなたの無意識(潜在意識)の中では、男性像がもろに父親の影響を受けている割合って非常に大きいのです。



もしも、あなたのお父さんがとても誠実な方で、少なくとも家庭に浮気を持ち込まない方だったとして、そんなお父さんを見て育ったあなたは、無意識レベル(潜在意識レベル)で、理想の男性像のハードルがぐっと高まってしまいます。


男性は浮気をしないもので、家庭を大切にしてくれるもの、子供たちを守ってくれるもの。



と、世間の男性たちからすれば、かなりハードルが高いことを「当たり前」として要求してしまうこともあるのです。



その逆も然り。


たとえばもしも、あなたのお父さんが家庭内暴力をふるう方で、いつもご家族がおびえながら生活していたとすれば、あなたの無意識(潜在意識)には「どうせ男なんて・・・」といった強い思いが刻まれてしまうことになるかもしれません。



生まれてから最初に目にするもの。



いわば、刷り込みですね。(刷り込みとは、鳥が生まれて最初に目にしたものを親だと思ってしまうこと)



あなたに、刻まれた無意識(潜在意識)の異性への恋愛先入観。



実は恋愛において、先入観ってかなり「足かせ」になることが多いのです。



「今すぐあなたの先入観を捨てましょう!」



と私が言ったとしても、おそらくそれは無理でしょう。



超強力な先入観ですから、簡単に抜け出せるのなら苦労しません。



でも、自分自身が持っている「先入観」そのものを意識することって、とても大切です。



意識していないものをコントロールすることは不可能ですが、意識できていればコントロールできる可能性が出てきます。


0と1の差って大きいですよ^^


恋愛心理学「あなたの潜在意識を埋め尽くす先入観.jpg



ということで、今回、恋愛心理学「あなたの潜在意識を埋め尽くす先入観」というテーマで話をしてみましたが、いかがでしたか?



楽しんでいただけましたか?



また、機会があれば、第二回恋愛心理学をやりたいと思います。



では、今回は以上です。
posted by ゼロ at 00:27 | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする