2016年08月20日

美容師の男性を好きになってしまった その恋は実るのか?

どうも。


ゼロです。


今回は、「美容師の男性に恋をしてしまった女性」というテーマで記事を書きたいと思います。


読者さんから質問があったため、美容師さんをピンポイントで狙い撃ちます。(質問は受け付けていませんので、今回は特別です)


美容師でなくても、店員の男性に恋をしてしまったというシチュエーションなら似たようなものですので、似た悩みをお持ちの方は参考にしていただければと思います。


店員さんも人間ですし、魅力的な異性がお客さんで来れば、客に恋してしまうことも珍しくないでしょう。


ただ美容師さんが相手だと、不利なところと有利なところ、どちらもあるでしょうね。


有利なポイント

会話ができることです。

これはとにかく有利です。

たとえば、コンビニの店員に恋をしてしまったとしても、会話しにくいですよね。

店員さんに恋をしてしまったときに、会話ができるか否かというのは非常に大きなところです。

会話ができないと、前に進みにくいですから。

ということで、美容師さんが相手だと、会話ができるので有利です。



不利なポイント

お客に、若い女性が多いことです。

つまり、男性側が目移りしやすい環境に身を置いてしまっているわけです。

これは結構不利なポイントです。

美容師というピンポイントのデータは見たことがないですが、若い女性と接する機会が多い男性はパートナーを裏切りやすいことが分っています。

美容師はモロにこれに当てはまるでしょうから、できれば好きになる前に「この人は、パートナーとしてふさわしいのか?」を、慎重に吟味しなければなりません。



本来の私は恋愛テクニック否定派なのですが、今回は恋愛テクニックについて、書いてみたいと思います。


ポイント1

相手男性から見て、あなたが性の対象であることが、最低条件です。

これがクリアーできていないと、次に進めません。

詳しくはこちらをどうぞ。→恋愛のすべてを教えます 〜潜在意識から顕在意識まで〜



ポイント2

定期的に、あなたの顔を見せることです。

単純接触の原理と言って、脳は何度も目にするものを好意的に思うのです。

ですので、ある程度何度も彼の前に姿を見せた方が良いと思われます。

ただし、相手から「怖い」と思われるような姿の見せ方は逆効果です。

あくまでも、自然な形で彼の視野に入ると良いでしょう。

詳しくはこちらをどうぞ。→社内恋愛や校内恋愛で効果的なテクニック



美容師.jpg


ポイント3

あなたが喋らず、相手に喋らせた方が有利です。

接客業をやると、店員側はどうしても聞き役に回ることが多いのです。

主役はお客さんですから、主役のお客を中心に会話するのが当然ですからね。

ですがそこは、主役を店員さん(美容師)にして、たくさん話させた方が有利です。

あなたが口を開くときは、相手に喋らせるための誘い水にするのです。

そしてあなたは、笑顔で相手の話を聞くことです。

上手くいけば、店員さんは勝手に盛り上がってくれます。

ポイントとしましては、たくさん質問するのではなく、相手が興味のありそうなことを掘り下げて聞くことです。

同じ会話量でも、1つのことを深く話した場合と、複数のことを浅く話した場合では、前者の方が遥かに打ち解けます。

心の距離が近くなるのです。

ですので、「相手(美容師)の関心の深いこと」を掘り下げて質問すると、仲良くなりやすいですよ。

相手の趣味や特技なんかの会話をすると良いと思います。

一方で、仕事に関しての質問は微妙です。

仕事にストレスはつきものですから、仕事に関する質問をすると場合によってはあまり良い印象を持たれないかもしれません。

そういう意味で、趣味や特技の会話を掘り下げるが安全と言えるでしょう。



ポイント4

会話が盛り上がったら、だらだら店内に残らずにさっさと帰ることです。

二人の会話が楽しければ楽しいほど、その楽しい時間を引き延ばしたいと思うことでしょう。

ですが、帰ってしまった方が良いのです。

そうすれば、会話の続きが楽しみになりますよね。

ですので、会話が盛り上がってきたところで帰ってしまうと、彼はあなたのことが気になりやすくなります。



これらはあくまでもテクニックなので、メッキの魅力しかありません。


本質的な魅力がないと、仮に付き合えたとしても男女の関係は続きません。


ぜひ、テクニックではない本質的な魅力を身に着けていただければと思います。


最後に。


店員さんへの恋というのは、その多くは幻想に恋をしているだけです。(悲しいですけどね)


仮にもしも、その恋が上手くいかなかったとしても、悲観する必要はありません。


次にもっと素敵な恋が待っていますので。


ぜひ、当ブログを参考に、良い恋を見つけてくださいね。


以上
posted by ゼロ at 23:11 | 恋愛テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月04日

好きになる男性は、しっかり吟味して選んだ方が良いですよ

どうも。


ゼロです。


あなたは、「投資」と聞くとどう感じますか?


おそらく、「投資ってリスクもあるんでしょ?」と感じる方が多いのではないでしょうか。


では、「恋」と聞いて、「リスクがあるんでしょ?」と思える方が、何人いらっしゃるでしょうか?


仮に、投資で全財産を失ってしまったとしても、金なんてまた稼げば良いのです。


もちろん、その金が他人のものであったり、はたまた家族を養うための生活費であったりするのであれば、それは問題かもしれません。


ですが、独身であれば全財産を失ったところで、痛手はたかが知れています。


人は、金銭のように形のあるものを失うと、とても損をした気分になります。


だから、投資を怖がるのです。


では、恋はどうでしょう?


例えばですが、ろくでもない男を好きになってしまい、その男と付き合ってしまったがために、あなたの人生がとても悪い方向に進んでしまったとしたら、どうでしょう?


それは、人生単位でとてつもない損失かもしれませんよね。


もしかすると、取り返しのつかない損失かもしれません。


金を失うことなんかよりも、ずっと大きな損をするかもしれないのに、なぜか多くの方は恋をする異性を吟味して選んでいないのです。


もしも、あなたが全財産を投資しなければならないとしたら、投資の勉強をするでしょうし、投資先もしっかり吟味しますよね?


恋愛というのは、投資よりも遥かに失うものが大きいかもしれないのですよ。


「お金」と「人生」、重さがまるで違います。


それなのに、なぜ深く考えずに恋愛をスタートさせてしまうのでしょう?


悩む女性.jpg


恋愛相手を選ぶことは、とても重要なことです。


投資よりも、ずっとリスキーです。


選んだ相手により、人生が大きく変わることも少なくありませんからね。


以上
posted by ゼロ at 00:22 | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月28日

幸せな結婚するために必要な価値観とは

どうも。


ゼロです。


現代の日本で生活していると、「そのときだけ乗り越えればいいや」という、こんな価値観をもちやすいのではないかなと思います。


たとえば。


子供のころ、近所の大人と会うと、「こんにちは」とか「おはようございます」と元気に挨拶するだけで、「あら、良い子ねー」と言われることが多いです。


そして、その大人はおそらく本気で、良い子だと思っているでしょう。


ただ挨拶しただけなのにです。


良い子かどうかは、別問題のはずです。


子供はそこで、「大人って上辺しか見てないな」と認識してしまうかもしれません。


少し成長し、中学なり高校なりで受験をするときは、普段どんなに生活態度の悪い子だったとしても、受験のときだけ真面目にしていれば、なんとか面接を通過できたりします。


普段の学校のテストでも同じです。


試験前に知識を強引に詰め込んで高得点をとると、周りの友達からは「頭良いね」なんて言われるでしょうし、担任の先生も褒めてくれるかもしれません。


果たして、知識の強引な詰め込みが頭の良さなのでしょうか?


覚えた内容は、歴史上の誰かが作った理論であり、自分が作ったわけじゃありません。


教科書に答えも解き方も書いてあり、それを丸暗記しただけです。


そんなものが頭の良さなのでしょうか。


ここでも、上辺だけで評価を受けてしまいます。


さらに成長し、就職試験のときでも「とにかく内定もらうまでは、猫被ってればいいや」という作戦で採用されることもあるでしょう。


そのときだけ真面目そうな服を着て、マニュアル本を読んで、就活している方ってけっこういるように思います。


まあ、就職してしまえば、労働法に守られるので、雇った側も簡単にはクビを切れなくなります。


万が一クビになりそうなときでも、権利を主張し企業側と戦うこともできます。


現代の日本で生活していると、上辺だけ取り繕えば何とかなってしまうことが多いのです。


ただ、この価値観が全ての面で定着してしまうと、ちょっと怖いなと感じます。


ちなみに、この価値観のまま恋愛をするとどうなるでしょうか?


きっと、長続きしにくい関係になってしまうでしょうね。


恋愛も結婚も、お互いの気持ちありきなので、上辺だけじゃ続かないのです。


もちろん、結婚してしまえば権利を主張することは可能でしょう。


相手側に非がある別れであれば、財産や慰謝料を請求することも可能かもしれません。


ですが、そもそも恋愛にしろ結婚にしろ、相手の気持ちこそ大事なのです。


婚姻届けのような契約は、近年作られたものです。


人類はずっと、お互いの気持ちを大切にして寄り添っていたはずです。


人と人とが一生を共にすることって、気持ちこそ大事だと思いませんか?


少なくとも、「ハンコだけ押させればよい契約」ではないはずです。


婚姻届け.jpg


上辺を良く見せることなんかよりも、誠実さや思いやりの方が遥かに大切なのだと思います。


上辺だけ取り繕っても、いつかバレてしまいますから。


「そのときだけ、乗り越えればいいや」という発想を、恋愛に持ち込んでしまうのは危険かもしれません。


もちろん、就活や受験の面接なら、それでもいいのかもしれませんけどね。


以上
posted by ゼロ at 20:34 | 婚活結婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする